忍者ブログ
好きな映画を自分勝手に紹介します。 コメント欄でネタバレをする事があるので御注意下さい。
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督・出演:アレハンドロ・ホドロフスキー
(1970年アメリカ=メキシコ)
エルトポ

好きな人は大好き、嫌いな人は大嫌い…という、所謂カルト映画です。

初興行時には配給会社に尽く蹴られ、結局は場末のミニシアターでの上映だったらしいんですが、そこにミック・ジャガー、アンディー・ウォーホル、ジョン・レノン夫妻等が足を運んでいて、興行を続ける為にジョン・レノンが興行権を高額で買い取ったらしいです。
そしてその後に“もしフェリーニが西部劇を、クロサワがキリスト映画を撮ったらこうなったであろう”と絶賛される事になります。
国内では寺山修二氏が絶賛し、広めたらしいですね。

この内容を文章で表現するのは非常に困難なのですが、ネタバレを避けたいだけに調度良いかな…と(笑)
簡単に言えば、冷酷で卑怯な主人公が人として変化していく様が窺える作品…って感じ。
残酷なシーンやフリークスの出演等、キッチュ感覚満点で、どうしてもそっち系が目立ってしまうんですが、実はその真意は深いものがあり、色々と考えさせられる内容です。

見た事がなくて、興味のある方は是非。
ただ、見た後気分がどうなるかは保障し兼ねますが…(笑)
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いつだれとどんなタイミングで
観るかが鍵な気がします。

それさえ間違わなければ
最も重要な映画のひとつであることは
間違いないでしょう!
stella 2007/03/06(Tue)17:27:33 EDIT | RES
>stellaさん
いらっしゃいませ~!
コメントありがとうございますっ。

ビデオで所有してるんですが、無性に見たくなる時があるんですよ。
まあ俺の場合、ホントに見たい映画は1人で見るのが基本なんですが…。
ちなみに見たくなるタイミングは、ムシャクシャしてて何もする気になれない時が多いかも。

いや、理由は分からないんですが…(苦笑)
盆造(´ー`)y━・~~~ 2007/03/06(Tue)17:55:28 EDIT | RES
無題
なら…昨夜あたり見てるハズ?単純な映画なら嬉しいのだがf^_^
どん兵衛 2008/07/22(Tue)16:17:48 EDIT | RES
>どん兵衛さん
単純に見ようと思えば単純に見れる。
感慨深く見ようとすれば感慨深い…。
そこがこの作品の魅力なんですっ。
盆造(´ー`)y━・~~~ 2008/07/31(Thu)20:52:30 EDIT | RES
TRACKBACK
TrackBack URL:
『エル・トポ』 美しい傑作
 【ネタバレ注意】  菊池寛の『恩讐の彼方に』で知られる「青の洞門」を、舞台をメキシコに移して描いた傑作。  前半、主人公の非道ぶ...
映画のブログ URL 2009/08/23(Sun)11:55:17
最新コメント
[07/31 盆造(´ー`)y━・~~~]
[07/22 どん兵衛]
[05/02 盆造(´ー`)y━・~~~]
[05/01 stella]
[04/23 盆造(´ー`)y━・~~~]
最新トラックバック
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]