忍者ブログ
好きな映画を自分勝手に紹介します。 コメント欄でネタバレをする事があるので御注意下さい。
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:スタンリー・キューブリック
原作:スティーブン・キング
出演:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル、ダニーロイド他
(1980年アメリカ)


1980年当時、何だったか忘れたけど映画を見に行った時、この作品の予告が流れたんです。
エレベーターの隙間から血が流れ始め、延々流れ出て画面全てが血の海になり“THE SHINING”という文字が浮かぶというだけの予告…。
何とも不思議でありながら凄まじく恐怖を感じさせる映像でした。

作家の巨匠スティーブン・キングはキューブリックが御嫌いなようで“2001年宇宙の旅”をボロカスに貶したらしいんですが、何とこの作品はキング原作であります。
この作品が存在するという事は、映画化を許可したという事です。
嫌いなはずのキューブリックの申請を何故か承諾、案の定映画の評価はボロカスだったらしいです(苦笑)


おおよその筋は…少々精神的に弱い作家とその妻が、シャイニング(予知能力)を持つ幼少の息子を連れて、冬季に期間閉鎖するホテルの管理業務を兼ねて住み込みます。
しかしそのホテルには何かが潜んでいました。
ホテルと父親の異常に気付く息子、どんどん精神が壊れていく作家、そして夫の異常な行動に怯え逃げ惑う妻。

妻役のシェリー・デュバルはジャック・ニコルソンの余りの迫真の演技に泣き叫び過ぎて、撮影中貧血で何度も体調を崩したり、クランクアップから数ヶ月もの間涙が出なかったりという異常な体験をしたとか。

何せ、ジャック・ニコルソンが恐い!…ホテルが恐い!
いくらスティーブン・キングが貶そうとも、上級の作品だと思います。
PR
COMMENT
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やっぱりシェリー・デュパルが恐い!
恐い映画は苦手だけどこれは別。
奥さん役シェリー・デュバルの迫真の恐がり方が一番恐かった。
無人のホテルのバー・ラウンジで禍々しいバーテンに酒を出されるあたり、一番好き。
stella 2007/03/09(Fri)02:35:51 EDIT | RES
>stellaさん
若い頃、バーラウンジでのジャック・ニコルソンの振る舞いがカッコ良く思えて、真似ようと思いつつ…バーに居るだけで緊張して踏み切れなかったヘタレでした(笑)

シェリー・デュパルは負けん気の強い女優さんなんですよね~。
撮影当初、ジャック・ニコルソンはスーパースターで、彼に会いに客人が来ては撮影が中断して、シェリー自体イラついてたようです。
そんな気持ちの爆発が、あの迫真の演技に出たのかもしれませんね。
盆造(´ー`)y━・~~~ 2007/03/09(Fri)08:49:22 EDIT | RES
TRACKBACK
TrackBack URL:
アカデミー賞について
詳しくは......
アカデミー賞について URL 2007/05/11(Fri)22:49:35
最新コメント
[07/31 盆造(´ー`)y━・~~~]
[07/22 どん兵衛]
[05/02 盆造(´ー`)y━・~~~]
[05/01 stella]
[04/23 盆造(´ー`)y━・~~~]
最新トラックバック
Template by MY HEALING ☆彡
忍者ブログ [PR]